iphoneの修理と交換について

iphoneの修理と交換について iPhoneの調子が悪くなった時、自分で修理するか、お店で修理してもらうか迷うと思います。
お店で直してもらうとなると、基本的に保存しているデータが保証されなかったり、修理中はiPhoneが使えなかったりで、バックアップの準備の手間と使えない期間が長くなりがちです。
パソコンと違い、iPhoneは自分で修理する余地がほとんどないため、ネット通販で互換パーツを入手して、割れたガラスやバッテリーを交換する程度しかできないと思います。
コネクタやボタンの物理的な動作不良は、交換が無難です。AppleCareに加入していれば少ない負担で新品に交換してもらえます。
ソフト的な不具合は、たいていiOSの再起動やiTunesを使ったバックアップ〜復元で直ります。少しも負担を増やしたくない場合は、100円ショップでシリコンタイプのiPhoneケースを購入して、物理的な故障リスクを減らすよう対策するしかありません。
前面ガラスにキズが付かないよう、保護フィルムも100円ショップで手に入ります。そうして2〜3年持たせれば、中古美品としてネットオークションで下取りに出すことができます。
単品で出してもそれなりの金額にはなりますが、SIM下駄と一緒にSIMフリー版として出せば、より高く売ることができます。
Apple製品は、他のメーカーと比べて中古価格が高めで収束しますので、勝ったその日から手放す日のことを考えてケアすることが大切ですね。

iphoneの修理はどこに依頼できますか?

iphoneの修理はどこに依頼できますか? iPhoneに不具合が発生したときは修理に出すことになりますが、依頼先は公式と非公式を含め複数あります。
まず挙げられるのが製造メーカーであるアップルが展開しているアップルストアです。メーカー直営であるためレスポンスが非常に早く、持ち込んだその場で原因を診断し、直してくれることもあるほどです。事前に予約が必要ですが、近くにアップルストアがあればまず最初に依頼しましょう。
キャリアを通じてiPhoneを契約した場合は、そのキャリアのショップでも修理を依頼できます。アップルストアとは異なり、その場で原因の診断はできないため店頭で受付を行ってから多少の時間が掛かります。
しかし、契約していないキャリアに持ち込んでも受け付けてもらえないため注意が必要です。
また、アップルストアやキャリアショップのほかに、非正規でありながらも修理を受け付けてくれる専門店があります。実店舗を持たず、インターネット上で受付を行っていることが多いため知名度は高くありませんが、多くの依頼を受けているため経験と実績はあります。
費用が安いことも大きな特徴であり、さらにアップルストアなどで修理を拒否された端末でも直してくれることがあるのです。